イースターの巨大チョコレート卵作り

復活祭の準備

 復活祭(英語ではイースター)は日本ではあまり馴染みのない行事ですが、イタリアを始め欧米諸国では大事な行事。なぜなら、復活祭はキリスト教において、クリスマスよりも重要な位置づけとされており、大体的にお祝いをします。もちろん学校、会社もお休みに。今年2021年は44日が復活祭通常月曜日もお休みになります。

 2月カーニバルが終わると四旬節という期間があり、40日間続く復活祭に備える期間に当たります。この期間は、結婚式などのお祝いを行わない、クリスチャンは金曜は食生活においては肉食、アルコール、お菓子を控える、など色々な制約があったりしますが、現在は随分変化してきているようです。詳しいお話は料理研究家長本和子先生の主催する マンマのイタリア食堂 イタリア便りでお話しさせていただいたので、こちらからどうぞ。https://youtu.be/dGW0PCYS9Ic

さてこの時期スーパーマーケットにうず高く並び始めるのが、チョコレートの大型卵とコロンバという鳩の形をしたお菓子。

この卵の中身気になるところ。スーパーに売っているものは男の子用女の子用なんてキャラクターで分けられていたり。何故ならチョコレート卵の中には大きなおまけが入っているんです。チョコレート卵を作っているお菓子屋さんは、贈り物を別途持っていくと入れてくれるというサービスも。指輪や、新車の鍵なんて超高額商品をプレゼントもできてしまうという。この贈り物相性してソルプレーザ(驚き)と呼ばれています。

例年であれば、復活祭前に友達を呼ぶと、子供たちへのお土産で、復活祭にあけるんだよーなんて言いながら手土産に持ってきてくれるなんて事もあり、最大10個も溜まったことも⁉️今年はコロナでそういうこともないので、子供達と作ることにしました。

それも大きな大きな1kgサイズ。

自作するのがいいのは、チョコレートが選べること。市販のものは粗悪なものだとアラビアガムが添加されており、後からお菓子に加工しようとしても綺麗に溶けなかったり、変なベタつく塊に変形したり、結局食べきれずにということもあるので良いチョコレートを選んで作れる!しかも余ったらお菓子作りに使えます。

山のようなチョコレートを刻み溶かして型に入れて簡単なようですが、チョコレートに含まれる油脂分を溶解させて、安定した細かい粒子に結晶化させる温度調整が必要でうまくいけばつやつやな口溶けが素晴らしいチョコレートができ、型からもパカっと外れるのですが、間違うと型から取れない、食感が悪く白っぽい粉を吹いたようなものができます。

温度計を用意して温めて、一定温度まで手早く冷やし、型に入れて冷却。

うまく行ったのに、型に入れた量が少なくて薄い部分ができてしまい、接着面を温めて2つを合わせた時に割れてしまったり、やり直したりして、はあああ時間がかかった!

子供達とホワイトチョコレートに食用色素で色をつけてペイントをして出来上がり。

そんな驚きの大きな大きなチョコレート。作った様子動画でご紹介します!

YouTobeチャンネルはこちらから

 

バルサミコ酢レシピ10、いちごのバルサミコ酢マリネ

朝晩は寒いけれど、日中は随分春らしくなってきました。

庭が一気にお花畑なるのもこの時期から。スミレ、マーガレット、オオイヌノフグリなど枯葉の間にあちこちに咲き始めています。

そんな時期、市場やスーパーに続々と出てくるのがいちご。

八百屋の店頭

日本のいちごよりずっと大きなものが多くて、無造作にパックに入っていることも多い。

そんないちごで今日はデザートをご紹介します。

いちごのバルサミコ酢マリネ

材料 

いちご    250g

バルサミコ酢 小さじ2

スポンジケーキ 直径5cmのもの4つ

バニラアイスクリーム 適宜

作り方

他のレシピで、「バルサミコ酢がお皿に残るのが勿体ない。」というご意見を多数いただきましたので、スポンジケーキを下に置いて盛り付けました。スポンジケーキがなくても美味。春らしいデザート作ってみてください。

 

 

トルテッリフリッティモデネーゼ

2月はカーニバル。日本人には馴染みの薄い行事で、仮装や山車が出るというイメージかもしれません。

一体カーニバルとはどんなお祭りなのでしょう?

日本語にするとカーニバルは謝肉祭。元々は四旬節が始まる灰の水曜日の前夜に開かれた、肉に別れを告げる宴のことを指した事が起源。というのも四旬節の間は肉を断つ断食を行っていたことに由来します。今でも案外多くのカトリック教徒イタリア人がこの四旬節を守っていて、子供たちはお菓子を控えたり、大人はワインを絶ったり、最近の話ではSNSやインターネットの利用を制限するなんていう話をしているなんていう話を聞いたり。いずれもイタリア人の風習に根付いた行事なのでした。イタリア各地にカーニバルに食べるお菓子はたくさんありますが、総じて揚げ物が多い。特にラードを使った揚げ菓子を作りました。

なぜならこの時期1年育てた豚を潰す時期であり、豚の解体時に出るラードを使って、揚げ菓子を作るのです。

豚の加工品が小学校の社会科の教科書に、特産品として挙げられるようなエミリア ロマーニャ州モデナですから、もちろんラードを使ったお菓子がたくさんあります。その中でもサボールというコンフェトゥーラを使った揚げ菓子をご紹介したいと思います。

サボールというのは秋に収穫した葡萄の絞り汁を使って、カリンやマルメロ、カボチャ、りんご、洋ナシ、プラムなどを使って何日も煮込んだ昔からモデナで作られてきたフルーツの保存食。何より砂糖不使用、添加物なしというのが、子供達にも安心して食べさせられますし、自然の恵みを感じる甘みや酸味がモデナの伝統的なお菓子作りや、お料理に合わせやすくてとても重宝。

このサボールを中に詰めて作ります。

手に入らない場合はプルーンや杏など少し酸味のあるジャムで代用してみてください。

トルテッリフリッティ

25個分

薄力粉       250g (イタリアの場合はFarina tipo 00 per i dolci)

ベーキングパウダー   8g

グラニュー糖       75g

卵          2

バター        25g (室温に戻しておく)

サボール        100g (なければプルーンのジャム)

ラード          適宜

グラニュー糖       適宜

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

2、卵とグラニュー糖をよく混ぜ合わせておく。

3、室温に戻して置いたバターを粉に混ぜ込む。

43、に2、の卵を入れ手で混ぜ合わせ一塊にし、ラップをして30分休ませる

5、木の台に打ち粉をして5mm程度の厚さに伸ばし、サボールを小さじ一杯程度入れ生地をとじ、直径5cmセルクル型で半月に抜く。しっかりと生地同士がくっついているか確認する。

6、ラードを180度まで熱し、5、のトルテッリを揚げていく。

7、熱いうちにグラニュー糖をかけて出来上がり。

レシピ動画はこちらから是非お試しください。

アーモンドのクロッカンテ

1月31日日曜日、日本に無事バルサミコ酢が到着。

成田空港の通関を終え無事到着

通関も無事済ませ、破損もなく届いたとの連絡が。これで、2月末の販売に余裕を持って(どんなトラブルがあるか分からないので)届いたようで一安心です。

少し寒さが緩んだモデナ。畑は綺麗にならされて畝ができている畑は小麦が植わっている畑。真っ平らで広い畑ですから、トラクターで一気に種を植えて行きます。最近のトラクターによってはGPSを利用利用して畑の地図をインプットすると無人で自動種まきが出来るようなトラクターもあるんだそうで…。

パダーナ平原に位置するモデナは本当にどこまで行っても真っ平ら。我が家の近所には坂道がありません。そんな立地のためか、サイクリングロードがイタリア一整備されている州。本格的なロードレースの自転車にヘルメット、サイクリングウエアーに身を固めた一団がうちの前の田舎道を颯爽と駆け抜けて行くことも

日が落ちてくると結構肌寒くなってきます。散歩から帰ったら暖炉に火を入れてお茶の時間。

今日はアーモンドのクロッカンテ。自家製の蜂蜜と、砂糖半々に使ってに溶かしたところへローストしたアーモンドを入れて固めたとてもシンプルなお菓子です。このクロッカンテ、お祭りの屋台でもよく見かけます。

アーモンド以外にもヘーゼルナッツやピーナッツごまなどで作ることができます。

アーモンドのクロッカンテバルサミコ酢添え

アーモンドの香り、糖分のカラメル化した味がバルサミコ酢とよく合います。

レシピ
砂糖    80g
蜂蜜    80g
アーモンド 100〜150g
(飴が多い方がいい、アーモンドが多い方がいいなど好みで調整して下さい)
バルサミコ酢 適宜

1、アーモンドは160度で予熱したオーブンで5分間ローストする
2、砂糖、はちみつを煮溶かし170℃になるまで煮詰める。シロップがきつね色になる位が目安。
3、1、のアーモンドを入れて手早く混ぜ合わせ、オーブンシートの上で固める
4、適当な大きさに切り、好みでバルサミコ酢をつけて食べる

レシピ動画はこちらから

ぜひお試しください。