バルサミコ酢レシピ9、グリーンチキンボール

今日、3月8日は国際女性デーミモザを女性に習慣がイタリアにはあるが、我が夫曰く

「僕は革新的考えを持っていて、女性の権利獲得や平等をわざわざ祝わなくても女性を尊重している人間だから、祝う必要性を感じない。君が働くことについても大賛成だし、意見を尊重してるじゃないか!何と理解のある夫!」

と演説?を始めるタイプで、面倒くさいので勝手に祝うことにしている(笑)

ミモザケーキ作って、庭に咲いている野花を活けてみました。

この時期牧草地にいっぱい生えているのが、ビエトラ(フダンソウ)と言う小松菜のような青菜。

子供達にとってきてもらった。

葡萄畑の鶏さん達のたまごも貰って帰ってきた。

この時期のビエトラは柔らかくて甘い!

3kgくらい取ってきてくれちゃったので、早速茹でておくことにした。

数あるビエトラレシピから今日は鶏挽肉と合わせたお料理を。ビエトラがなければ、ほうれん草や小松菜など他の青菜で代用してください。

野菜嫌いな子供も食べてくれること間違いなしのレシピです。

グリーンチキンボール バルサミコ酢添え

材料 4人分

鶏ひき肉         400g

青菜(茹でたもの)     250g

パルミジャーノレッジャーノチーズ 40g

卵           1個

小麦粉         大さじ2

ナツメグ        少々

レモンの皮のすりおろしたもの 1個分

塩           小さじ1、5

胡椒          適宜

作り方

ポイントはしっかり青菜の水をきること。そうでないとベチャベチャになってしまいます。

チーズ、爽やかなレモン、バルサミコ酢の香りを楽しめます。

バルサミコ酢4、鶏肉の味噌漬けバルサミコ酢添え

和食特に日本の発酵食品とバルサミコ酢の可能性に大注目して欲しい!と言うことで、

今日は味噌との相性を検証するレシピをご紹介します。

毎年、バルサミコ酢の樽を作ってくれている樽屋さんに特注したオーク材の樽で味噌を一年分仕込んでいます。

不思議なことに、味噌とバルサミコ酢の香りって似たところがあるのです。

それは発酵中に生産される有機酸の中に同じものがあったり、そんなところから来ている。全く材料が違うのに、微生物の力、発酵食品の不思議を感じます。

鶏肉の味噌漬け バルサミコ酢添え

材料 4人分

鶏むね肉 600g

味噌   100g

みりん  50ml

ワケギ  50g

バルサミコ酢 適宜

作り方

お味噌は好みの物をお使いください。

和食にもバルサミコ酢。ぜひお試しを。