バルサミコ酢レシピ7、じゃがいものフリットバルサミコ酢添え

ミラノに住んでいたころ、お料理好きのマルチェッロの家によく主人と夕食に招かれていた。その時に出された一品。一家揃ってお料理好きで、お母さんもお父さんもエミリア出身。料理好きなお母さんが作ってくれる横で、みんなでアペリティーボを楽しみながら、料理の手伝いやテーブルセッティングをしながら、ワイワイ話したものだった。

イタリア語ではパターテフリット。ハーブもニンニクもぜーんぶ入れてしまって、ほとんど裏返したり混ぜたりせず、いじらないでまるで水でじゃがいもを茹でるかのように揚げていたのでびっくりしたのだけど、これが美味しい!

その時にレッジョエミリア出身のマルチェッロのお父さんが、実家のバルサミコ酢を出してきてかけて食べたのである。そんな思い出の一品。

揚げる前に、布巾などでよく水分を拭き取ることが大事です。揚げている途中まだじゃがいもが柔らかいうちにひっくり返そうとすると、じゃがいもがくずれてしまうので、表面がしっかり固まるまで触らないようにするのが美味しく揚げるのがコツです。

バルサミコ酢をかけるといつもにフライドポテトがまた違った一品になりますよ。