バルサミコ酢レシピ その16タルタルステーキバルサミコ酢オニオン添え

本格的な タルタルステーキを食べたのは、いつだったろう。確か結婚する前にベルギーに行った時。ベルギー人とイタリア人のハーフの友達おすすめされたレストランにて。とっても美味しかったけれど、随分と色々なものが混ぜ込んであり、ともかく量が大量だったことを鮮明に覚えている。

食べ終わるのに四苦八苦したこともあって、その後あまり食べようと思わなかったのだった。

 調べたらなんと2006年。もちろん名物フライドポテトもたっぷり!

今年の夏、トスカーナのキアニーナ牛を専門に扱うお肉屋さんで、バリエーションに富んだミニミニタルタルステーキが売られていた。中に何か混ぜ込むスタイルではなく、肉自体は薄く塩味がついているくらいで、上に色々なものを載せるスタイルだった。何より肉の味がよくわかるし飽きが来ない。これは絶対バルサミコ酢が合うなと色々試行錯誤してみました。

 ステーキのバルサミコ酢オニオン添え

 材料 4人分

牛肉の赤身 (生食用) 300g

塩          小さじ1、5杯

玉ねぎ        1/2個

オリーブオイル EV 大さじ1杯

塩          小さじ1

バルサミコ酢     大さじ1杯

-仕上げ 

パルミジャーノ レッジャーノ チーズ 薄切りにしたもの適宜

オリーブオイルEV 適宜

作り方

今回合わせたワインはモンテプルチャーノにあるサルケート ノービレ2017年でした。

バルサミコ酢レシピ8、牛肉のタリアータバルサミコ酢添え

「ビステッカ」ステーキの事をイタリア語ではこう呼ぶ。ビーフステーキがイタリア語化したものらしい。イタリアでビステッカと言えば、大きな大きなTボーンステーキ、トスカーナのビステッカアッラフィオレンティーナが有名だけれど、骨がついてなくて、サーロインステーキのような形のお肉が、切って出されるものはタリアータと呼ばれる。

フィレンツェのビステッカアラフィオレンティーナを出すレストランにて

簡単だけれど、奥が深い。まず、薪を使うにしろ、炭や煉炭を使うにしろ、全体にしっかり火が回って真っ赤になっていなくてはならない。薪などは特にしっかりと火が回っていないと、肉の脂が落ちた瞬間にパッと火柱が立ってしまうとあっという間に肉が真っ黒に焦げてしまうからだ。

日本でステーキと言うと味付けは、胡椒、ニンニク、バター、をはじめ色々なソースが選べたりすることが多いけれど、イタリアに来てびっくりしたのが、肉の味つけはおおよそ塩しかつけない。

しかも焼く前に塩をするのではなく、焼いた面に後から塩をする。確かにその方が塩による浸透圧で水分が出て肉が硬くなることもないし、肉の味がわかると言うもの。それをみてから我が家もイタリア式に肉を焼いている。

そんな直火で焼いた肉に塩をふり、食べやすい大きさに切った、タリアータ(切り分けたと言う意味)。

食べる時にバルサミコ酢をかけて召し上がって下さい。

牛肉のタリアータバルサミコ酢添え

材料 4人分

サーロインステーキ400g 2枚

塩       適宜

バルサミコ酢  適宜

他にもバルサミコ酢を使ったレシピを紹介しています。

日本でのバルサミコ酢の販売はこちらから。伊勢丹新宿店 da Roma の店頭でのお取り扱いと、https://www.eet.co.jp/

オンラインショップhttps://daromashop.thebase.in/items/39698828からもご購入いただけます。

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂